スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人気ない飼い主

世の中にはたくさんの犬がペットとして飼われている。最近では、犬も家族の一員として大事に扱われ、小春屋家もそれに漏れず、小春を娘のように可愛がっている。そして、それぞれがそれぞれの飼い主に、キチンとした躾をされていることであろう。
081216-1.jpg
そしてかあさんも去年の2月に小春を迎えた時から、いろんな躾をしながら育ててきた。犬を飼うのが初めてな分、悩みも不安も心配も人一倍だった。本を読んだりもした、ネットで調べたりもした。誰にも『まあ!お利口なわんちゃんね~!』と言ってもらえる、賢い子にしたいと頑張った。
081216-2.jpg
まあ、今現在そうなっているかは別として… 汗

でも、一番キチンと躾けたかったのは『噛む』ことと『吠える』こと。たとえお座りやお手が出来なくても、この二つだけは人間社会の中で生きていく上で、どうしても教え込んでおきたかった。
『他人様には迷惑をかけない』それが、一番大切だと思ったから…
081216-3.jpg
かあさんの厳しい?躾と小春のフレンドリーな性格も幸いしてか、何処に連れて行っても誰に接しても、決して吠えたり噛んだりしない良い子になってくれた。
しかしそれはゼッタイではないだろう。どんなに厳しく躾をされた犬でも、究極の状況でそうしない保証はないのだから。
081216-4.jpg
そして、世の中には不幸にも犬に噛まれたり吠えられたりして、それがトラウマになり犬が嫌いな人もたくさんいる。そんな人はあからさまに嫌悪感を抱く。態度だったり言葉だったり…
数日前のお出かけ先でのお散歩の時、3人の中学生(男子)に出会った。そのうちの1人が小春を見るやいなや…
081216-5.jpg
『あ…オレ駄目。こういう犬に噛まれたことあるから。だいたいこの犬、尻尾ないから…尻尾振ってるかどうかわからないだよな。』と言いつつ立ち止まった。
犬が嫌いな人にとって、犬に出会うということは大問題である。しかし…他人様に迷惑をかけないようにと一生懸命躾け、その躾に応えてくれた小春にとって、それはそれは心無い一言であった。犬の嫌いな人がこの世にいる限り、仕方ない、仕方ないことなのだとわかっていても、抑えられなかった…

『噛んだりしませんっ!!心配しなくてもっ!!』
一生懸命尻尾を振って愛嬌を振りまく小春が、不憫でならなかったのだ。そして、彼を噛んだ犬と小春を一緒にされたことが耐えられなかった。
081216-6.jpg
あぁ…言っちゃった…

ごめんよ、小春。大人気ない飼い主で… 涙

ランキングに参加しています。
いつもありがとう!
今日も(リンクから)応援のぽちっとな♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

ムカつく・・・と、いうか
通り越して悲しいですね。
確かに嫌いな人にとっては側に来て欲しくない
モノではあると思いますが、それを可愛がる飼い主のいる前で
言うことではないですね。
周りに気を遣えない=空気が読めない
そのバカ中学生は、将来苦労することでしょう。
そして、こんなに可愛いわんこと一緒にいる幸せを
一生知らずにむなしい一生を終えるのです。
昔どうやって噛まれたのかは知りませんが、
噛まれる君の行動の方にも問題があったのでは?って言いたくなります。
身の危険を感じたのかも知れないし。
(そりゃぁ何があっても噛んではいけないのでしょうけど)
小春ちゃんは、いいこだもんー!
お前みたいなバカと一緒にすんなー!!
・・・と、大人気ない小春ちゃんファンな私です。

No title

私も、美々さんと同じく
我が子のように大切に育て、躾もキチンと頑張ってきました。
おりこうワンちゃんを目指してたつもり・・・
なのに、何故だーーー??
気が強く、いまだに散歩ではよそのワンコにガウガウの問題児、プリンです。
私の教育が間違ってたのか、もともとの性格なのか・・・

小春ちゃんはおりこうだもん、美々さんの気持ち、よくわかります。
その子のトラウマは気の毒だけど、シッポ云々は余計だ~!!
シッポなくたって、コギはお尻振って喜びを表現するし、
シッポのあるワンコはシッポ振って警戒してる事もあるざますよっ!
私も大人気ない大人でーす。

No title

確かに、犬が好きな人ばかりではない、ということは
念頭においておかないといけないと思いますが、にしても
尻尾云々は本当に余計ですよね~。
ウチのコギも他人様から、尻尾がないので感情が分からないと
よく言われますがそんなことないよーだ!ですよね。
まあ、そもそもそんなことを飼い主さんの前で言うべきことでは
ないんですが、これってオトナでもやりますよねえ。
はあ~まったく・・・。
小春ちゃんがおりこうさんなのは、ここに来るみんなが知ってるよ~!!

No title

空気読めよ…な中学生(怒
言葉に出す必要はないでしょーーと思います。常識知らずというか、親の教育が悪いというかなんなんでしょうねぇ。
確かに犬が嫌いな人にとって、犬と遭遇してしまった瞬間とても辛いとは思うけど、ちょっとナシですよねぇ。

うちも翔太の散歩してると「うわっ。コーギーだ。あの犬種ってすぐ噛むんよ」とか言われることあります。「噛まねーよっ。躾次第やん」と思いながらスルーします。

コメントありがとうございます

>わんママさんへ

大人が子供相手にムカついても仕方ないのでしょうが、
なんというか、今回ガマン出来なかったんですよ… 涙
多分、あの子初めてじゃないと思うんです、小春見てそう言ったの。
前回は友達にも、この犬は噛むんだ!的なことを言って、
さも小春は『噛む犬』というような表現をしていたんですよ。
心の中にそれがあったから、今回言葉出てしまったのです。
色んな意味で犬をバカにしてるような物言いで、
とにかく、たとえ子供でも許せなかった…
きっと動物には優しくなれない人間になるのでしょうね。
わんママさんの言われるように、犬は意味もなく噛んだりはしません。
犬を刺激させるような行動があって、身の危険を感じたのかもしれない。
犬を非難する前に、自分の行動を省みて欲しいです。

小春の味方になってくださったわんママさん、ありがとうございます。


>あとみんさんへ

尻尾がなくたって、感情表現は出来ますよね!
尻尾振りながら噛み付いてくる犬だっているんだもん。
相手は子供と分かっていても、発する言葉の一つ一つがカチンときて、
動物に対しての彼の姿勢や感情や心が見て取れるようで、
そんな態度や言葉に、もうガマン出来なかったんです 涙

プリンちゃんは、他のわんちゃんを見るとガウガウしちゃんうんですか。
きっと、かあさんは私が守るのーーっ!って頑張ってるんでしょうね 笑
あとみんさんは困っているかもしれませんが、見方をかえると頼もしい限りですね。
飼い主はキチンと育てたつもりなんですが、なかなか思うようにはなっていませんね 苦笑

小春をよい子だと褒めていただいて、ありがとうございます。


>ヨシさんへ

動物が嫌いだったり興味のない人の心無い一言は、ホントに傷つきますよね。
どんな犬種でも噛む犬は噛むし、噛まない犬は噛まないんです。
それは犬種で決めるのではなく、飼い主の躾次第…
そういう間違った認識のままいてもらうのが、一番悲しいです。

小春には彼の言った言葉が分かりません。
それでも、一生懸命その中学生たちに尻尾を振ってニコニコ笑って、
相手にしてもらえると近寄っていこうとするんです。
そんな小春がたまらなく不憫で、飼い主の怒りであると同時に、
小春の名誉を守るための言葉だったと、私は後悔していません。

小春をわかってくださっている方の言葉が励みになります 笑


>ひろぽんさんへ

彼の心無い一言には、ホント飼い主傷つきました&怒りました。
そういうことしか言えない彼の家庭環境が垣間見えます。
犬だって人間だって、お利口に育つにはやっぱ『躾』次第なんですよ。
噛まれた人は、その犬種が噛む犬と認識するのなら、
全犬種『噛む犬』ってことですよね!
そりゃそうじゃん!犬には噛むための歯があるんだもん!
前回はスルーしたんですが、今回はスルー出来なかった…
ホントに導火線の短い飼い主です 涙

翔太くん&ひろぽんさんも、小春&小春屋と同じ思いをしているんだね…
プロフィール

小春屋 美々

Author:小春屋 美々
小春(コーギー・♀)の飼い主。
ますますひとりもん人生謳歌?中。ライフワークな吟詠、大会参加頑張ってます。のんびりと田舎暮らし満喫中!!

小春:ブログの主人公。2006年12月29日生まれのコーギー。8歳になりました!ますますやんちゃな爆走娘。もうおばあちゃん?そんなの関係ありませんっ!その天真爛漫な笑顔で、くたびれ飼い主を癒し中!

最近のコメント
リンク
FC2カウンター
都道府県別アクセス

ジオターゲティング
メールフォーム
小春屋&小春へのラブレターは…こちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

Google
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
ランキング参加中!
毎日1回ぽちっとな♪
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。